マドレボニータ GoogleインパクトチャレンジWomenWill賞受賞しました*立川産後クラス[3月コース終了!]


【マドレボニータ GoogleインパクトチャレンジWomenWill賞受賞しました】

Googleインパクトチャレンジ、女性支援の取組みを表彰する「Women Will」賞をマドレボニータがいただきました。

http://googleandmadrebonita.strikingly.com

賛同してくださった方、興味を持ってくださった方、応援してくださった方、本当にありがとうございました!!

ひとりでも多くの産後の母が適切なケアを受けて心身の健康を取り戻して健やかな子育てができるように、
まだまだ浸透していない産後ケアの必要性をここからぐーっと広めていけるようますます励みます。

 

 

【立川産後クラス、3月コース終了しました!】

IMG_5551

先週、立川産後クラス3月コースが終了しました。
3月は少人数ならではの密度でじっくりと話をしながら
1か月の時間を共有。

子どもたちも大きくなったけど、母たちもこの1か月でそれぞれに
たくさんの変化が。まず、座る姿勢がぜんぜんちがう!
1か月しっかり身体を使い、自分自身に意識を向ける時間を増やしていき、
体力をつけ直すと同時に自分の身体と出会い直せるのが産後のオイシイところ。
自分の身体に意識を向けるようになると、身体の変化に気付きやすくなったり
身体を快適な状態に保つためのセルフケアも楽しみながらできるようになります。

後半のコミュニケーションワークでは、最終回に印象的な発言が。

「いつも誰かのせいにしている自分に気付いた」

“赤ちゃんがいるから” ”夫が遅いから” ”実家が遠いから”・・・・・

産後はまだまだ身体が回復しきっていない上に
想像以上の生活の変化や夫婦関係の変化があり、
身体がしんどいとその変化に向き合うどころではなく、
変化した生活に対応するだけでいっぱいいっぱい。

身体がしんどいとまず言葉でコミュニケーションをとるのが面倒くさくなって
自分一人でキャパオーバーな仕事を抱え込み、
さらに身体も対話もしんどくなってしまうという悪循環がうまれがち。。。

だからこそまずは身体の不調を解消し、
快適な状態にしてから、取り戻した体力を活かして
変化した生活について考えたり、夫婦で話したり、したいんです。

産後はまずは産んだ自分の身体のケアを。

*
*
*

3月の立川クラスは、マドレボニータの産後ケアバトン制度を使ってご参加下さった方も。

★産後ケアバトン制度では現在、以下に当てはまる方が産後クラスの受講料補助や
介助ボランティアによるサポートを受けることができます。

●多胎児の母
●ひとり親
●障がいのある児の母
●出生〜生後180日の間に連続21日以上入院中または入院した児の母
●妊娠22週以降に連続45日以上入院した母
●10代の母
●早産児・低出生体重児の母
●東日本大震災で被災し、避難中の母

本当は、出産した”全ての”女性に届けたい産後ケアプログラム。
体力的に、環境的に、精神的に、など、いろいろな要因で
いちばん大事な自分自身のケアが後回しになってしまいがちな産後ですが、
健全な育児のために必要なのは、何といってもまずは育児する大人の健康な心身です。

上の要件に関わりのありそうな方はまずはお問合せください〜!

********************************
さて!

マドレボニータの立川産後クラス
4月コースご参加受付中です★
(※5月は4回コースは休講、多摩センターで単発講座を開催します。)

2015年4月9・16・23・30日(毎週木曜日/10:00‾12:00)
詳細はこちらから
http://nomuratomoko.main.jp/tachikawa

お待ちしてます!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>